喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【新たな良さを発見!】ザーネクリーム

やる気なし。外に出る気なし。人に会いたくない。それもこれもすべて梅雨の所為。

でもやたらめったらイライラはするんですよねー。情緒不安定です。

 

 

f:id:mojocosme:20190701222719j:plain

ザーネクリーム 115g

手肌・全身の荒れや乾燥など様々なトラブルをケアして整え、健やかな状態に保ちます。天然型ビタミンEなどを配合、うるおいを与えてしっとりすべすべの感触に。 (医薬部外品

引用:@cosme

 

以前なめらか本舗のクレンジングミルクをお試しさせていただいた時(記事はこちら)に高校生の頃使っていて懐かしいというようなことを書きましたが、ザーネクリームも同じくらいの頃使っていました。確かニキビが治るとか効くっていう噂があったはず。実際のところ皮脂の過剰な分泌が主な原因の思春期ニキビにはあまり効果がなかった記憶(私の場合は、ですが)で最後はハンドクリームとして母に使い切ってもらったような気がします。

そんなわけで今回は久しぶりの顔への使用も含めて改めてザーネクリームと向き合ってみました。

 

f:id:mojocosme:20190701222735j:plain

まずテクスチャー。の前に容器の話。ザーネクリームはチューブタイプもあるんですが、これはたっぷり使えるジャータイプ。となれば必然的に蓋はくるくるタイプです。どうしてこの手のジャータイプのクリームってワンタッチ式の蓋にならないんだろう?ドラッグストアでも精々1、2種類しか売ってなくないですか?話が逸れそうなのでこれくらいにしておきますが、毎日複数回の使用となると怠惰な私にはちょっと面倒…。

あと独特な匂いがあります。何だろうこれ?ビタミンの匂い?こういう感じのサプリメントあるよね~って感じです。私はこの匂いも含めて効きそうだなと思うし、懐かしさも感じますが結構長い間匂い続けるので受け付けない人には無理かもしれません。

 

f:id:mojocosme:20190701222752j:plain

そして改めて。テクスチャーは緩くもなく固くもない一般的なクリームです。みずみずしくて伸びがいいというよりはオイリーな感じ。

塗ってすぐはちょっとべたつきを感じるし、しばらくしても表面になんとなく油分が残ってる感はありますが、でも全身に使っても嫌な感じでもないです。もともとボディクリーム系は冬場にどうしようもない乾燥に抗えず塗りだすという美意識の欠片もない私ですが、これは自然とハンドクリームとして塗るついでに肘くらいまで塗ったり、踵に塗るついでにふくらはぎまで塗り広げてマッサージしたりと“ついで塗り”でほぼ毎日何処かしらボディーケアできてます。

 

そして肝心の顔への使用について。最近お風呂上りは汗がなかなか引かないし、引いたところでドライヤーを使ったらまたすぐに汗まみれだしで、なかなかスキンケアする気にならないし、でもそうすると肌が荒れてくるしでどうしたもんかな~と思っていたんですが、そんなときにこのザーネクリームが良かった!

お風呂上りにとりあえず汗が引いたら塗る。以上。終了。

前述の通り、塗ってしばらくも油分が残っていて、この残っている油分感が顔にはちょうど良い。というのも汗が引いたらとりあえず塗り込んで、それから髪を乾かすんですが、そりゃあもう汗がどろっどろになるんです。お風呂に入った意味あるんかな?ってくらい。ええ、大汗かきなんです。だから汗を拭くわけですが、今まで使っていたクリーム(というかオールインワン系のジェル)だと汗と一緒に取れてる感がある。寝る前、完全に汗が引いてから何となく顔のつっぱりを感じる。でも塗りなおすのもまた面倒というか気力がない。その点、ザーネクリームの場合は汗を拭いても表面の油分が多少無くなるくらいで肌そのものはしっとり潤っているんです!

更に最近自分の肌にはビタミンEが効くような気がしてるんですが、これもまさにビタミンEが入ってるんです。だから初めはクリームだけだと肌荒れするかな?やっぱり水気(=化粧水)も要るかな?と思っていたんですが、意外と肌荒れしてません。むしろ肌の調子は良いです。水気は朝のスキンケアで存分にバシャバシャしてるのでバランスは取れているんだと思います。

 

そんなわけで約10年ぶりの新たな発見でした。全身に思う存分使ってもドラッグストアで大体定価より安くなっているので気軽にリピート出来るのも有難い。この夏は存分にお世話になろうと思います。