喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

使うと使わないとでは大違い?!Manyo Factory ガラクトエッセンス

書こう、書かなければ、と思えば思うほどどうやって文章を書いていたかわからなくなる…あるあるです。そんなこんなで前回の記事から一週間以上経ってました。時間の流れってホント早い。残酷。

 

日々少しずつアクセス数が増えてきて有難いことこの上ないんですが、その中での特にアクセス数が半端ないのがこの記事。

mojocosme.hatenablog.com女工場というワードがキャッチーなのかな?大したこと書かれてないのにアクセスいただいて申し訳ないですし、使い始めて2週間以上経つのでそろそろ現時点での感想をまとめておこうと思います。

 

f:id:mojocosme:20180628175233j:plain

Manyo Factory ガラクトエッセンス 50ml 1690円(2018年5月某日時点)

 

ガラス製の容器に入っています。プラ製と違って高級感があるので好きですが、うっかり落としたりするとヒヤッとします。ガサツな自分が気をつければいいだけなんですが。あとポンプ式ではなくスポイト式なのもポイント高し。使うたびにちょっと実験的で楽しくないですか?私だけ??

 

f:id:mojocosme:20180628175511j:plain

こんな感じで美容液自体は無色透明。さらっとしているんですが、ただの水みたいというわけではなく、かといってとろみがあるわけでもなく。言うなればクッション性のある液体という感じです。肌あたりが優しい感じ。

これを主に朝のスキンケアの初め、洗顔後すぐに使っています。量はスポイトのゴム部分をぎゅっと握って1回で吸い上げられる量全部。初めは多いかなー?と思いましたが肌に馴染ませるとスッと吸収されるのでむしろ多めにつけてちょうどいいくらいです。

馴染ませた後はすこーしだけ潤っている感じ。でもこれ単体ではほとんど潤いはないですね。あくまでその後のスキンケアの浸透を良くするブースター美容液。

しかし本領を発揮するのはここから!!この後、朝は化粧水→美容液→ゲルと普段のスキンケアに移っていくわけですが明らかに浸透の良さが違うんです。化粧水はシャバシャバのさっぱり系を使っているんですが、コットンで思う存分パッティングした後の肌がモチっとしています。しっとり系の化粧水ならこの後のケアは必要ないかも?と思わせてくれるくらいモチっとしています。でも美容液、ゲルと進むうちにこのモチっと感は何故か消えて仕上がりは使用開始前後で変わりません。あれ?

そう。「あれ?」なんです。あれ?いつもと変わらなくない?って思ったんです。確かに化粧水をつけた後は肌がいつもよりモチっとしているんです。化粧水が保湿ってものがほとんど感じられないシャバシャバさっぱり系なもんだから余計に。でも〆のゲルまでいくといつもと変わりない。だったらこの美容液なしでもよくない?って。

だから初めの一週間は真面目に毎朝、時々夜も使ってましたけどその後は使ったり使わなかったりラジバンダリだったわけです。そうしたら肌荒れというほどではないけどなんとなーく肌の調子が整っていない。そこから慌てて原因を探ってもしかしてこの美容液か?と真面目に使うようになると劇的な変化はないものの、肌の調子がいつも一定に整っているようになる。

そしてやっと気づくわけです。これのおかげだったのか!と。あくまで調子が整う感じです。普通にニキビができることもあるし毛穴が締まるわけでもない。でも肌というものをトータルで見ると一定の調子で落ち着いてるなーとしみじみ実感する。

この変化に気づいてからは超真面目に朝晩使うようになりました。おかげで肌の調子が整ってます。もともとブースター美容液というものが好きでこれまでいろいろ使ってきたんですがしばらくはこれ1個に絞ろうと思います。

 

今日も今日とて1500文字を超えてしまいました…。簡潔とは何なのか…。