喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【無性に塗りたくなる】白花油 ハーバルクーリングリキッド

3か月後に迫った(と言っていいのか?)次の訪台。

行きたい場所や買いたいものはもうほぼほぼ決定してまして、行程さんという旅行のしおりを簡単に作成・共有できるHPで夜な夜なひとり旅なのに無駄にしおりなんか作っちゃったりして浮かれまくってる訳ですが、「再び台湾の地に降り立つ前に、10月に買ったものも使わなければ!」ということにようやく気が付きまして。使い始めました。

今日はその中から台湾と言えば、な台湾人の生活にも昔から根付いていて且つ割とお土産の定番らしいこちらをご紹介します。

 

f:id:mojocosme:20191216120430j:plain

白花油甦醒凝露≪山茶花≫ 15ml

 

名前がすごい笑 これぞ漢字の力って気がしますね。英訳では『PAK FAH YEOW  Herbal Cooling Liquid≪Camellia≫』と書かれています。PAK FAH YEOWは白花油という台湾では昔からどの家庭にも常備していると言われている万能アロマオイルのことです。頭痛、火傷、虫刺され、乗り物酔い、肩こりなど塗って良し、嗅いで良し、ととにかく何にでも効くらしいとのこと。

そんな万能オイル、白花油のロールオンタイプです。他にもキティちゃんとぐでたまver.を見かけました。香りもそれぞれ違う模様。私は完全にパケ買いでキキララにしました。

 

f:id:mojocosme:20191216120448j:plain

裏にはきちんとサンリオとの正規コラボ品であることを示すホログラム入りシール付き。信用、安心できます。台湾のこういうところ、好き。

他には成分や効能が書かれています。前述の通り、白花油は何にでも効く万能オイルのはずですがロールオンタイプの後ろには「用途:清涼肌膚、居家外出必要」としか書かれてません笑 書くスペースが無かったからだと信じましょう。あと12歳以上からしか使えないというのに驚き。

 

f:id:mojocosme:20191216120502j:plain

こんな感じでロールする球が3つついてます。サイズ感がわかりにくいと思いますが、ボトル自体が片手にすっぽり収まるサイズなのでロール球はかなり小さいです。なので必然的に塗れる範囲もかなり狭くなります。でも虫刺されや、頭痛の解消するためにこめかみに塗るなどピンポイントで使う時には良いサイズ感です。肩や脚に塗るにはちと小さ過ぎてクルクルぐるぐる必至ですが。

実際に塗ってみるとまずスーッと鼻に抜けるような匂いがします。これが山茶花の香りなのかは不明。まさに鼻詰まりの時に嗅ぐと鼻が通りそうな匂いです。そして追ってスースーとした清涼感を感じます目の近くとか鼻の下とか粘膜付近は危険なので塗らないように

そしてこの清涼感はそんなに長く持ちません。塗って10分くらいがピークで1時間くらいで緩やかに消えて、時々何かの拍子にヒヤッと感じる程度。だからついつい肩とかしょっちゅう塗ってしまいます。スースー感が気持ちいいのはもちろん、匂いもなんだか癖になります。

が、そんなにしょっちゅう塗っても残念ながら根本的に肩こりや頭痛を治してはしてくれません。あくまで痛みを一時期的に忘れさせてくれる程度。まあ肩こりにしろ頭痛にしろ一朝一夕で治るようなものではないので、虫刺されや車酔いなど一時的な症状に対する効果の方が期待できそうです。

 

じゃあ気に入ってないのか?と言われると絶対NOです。次の訪台でも買うと決めてます。だってあの清涼感と匂いが完全に癖になっちゃってるんですよねぇ。もはや白花油中毒レベル。

でもまだオリジナルの方を使っていないので、オリジナルとこのロールオンタイプ、どちらを買うかは決めてません。オリジナルの方がパッケージはレトロで好みではあります。あと瓶というのも萌えポイント。でもロールオンの利便性も捨てがたいし、お土産で買うならサンリオver.の方が絶対受けがいいと思います。

と言いつつ10月の訪台時にはお土産としては自重しました。こういうものに萌えを覚える人が周りにいないので…。だからひとりでひっそり黙々と使っているわけですが、家族や職場で「湿布貼ってる?そんな感じの匂いがする」(≒臭う)と言われたことがあるので、やっぱりこの万能オイルの存在や匂いに萌えを感じている私の方がおかしいのかもしれません(´-ω-`)