喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【暇人による暇人の為の暇な時間の使い方】次の訪台について考える②

さて。昨日の続きです。

mojocosme.hatenablog.com

 

 

昨日は手荷物関係の話の触りに、容量の大きいショルダーバッグなんか(゚⊿゚)イラネと書きました。

そして最低限必要な物だけを入れるバッグがあればいい、と。そしてそれを見つけたと。そしてそれを買った、と。

意味もなく勿体ぶってみましたが、勿体ぶってて仕方ないのでご紹介します。これです。

7net.omni7.jp画像がないorz リンク先にはちゃんとありますので気になる方はそちらへ。

ちなみに口で説明しますと、薄いショルダーバッグに更に薄いお財布というかカード入れ付きのポーチ?がセットになった付録がついた雑誌です。購買対象年齢ではありません。完全に付録買い。

初めは「付録付きだとしても雑誌にしては高いな~。3月ギリギリまで他の雑誌を待つ?それか新しいショルダーバッグを買う?」なんて考えていましたが、実際手元に届いたものを見ると買ってよかった!と思いました。

まず決め手になったのが形。お財布ショルダーと名のつくものは数多くあれど、お財布部分が分離できるものって見かけないんですよね。例えショルダー部分の容量が大きくても、お財布部分が分離できないって支払いの時に地味に不便そう…と思っちゃって、しまむらとか見に行ったんですが購入に至りませんでした。その点これは前ポケットからスポッとお財布部分が出せるので、小銭とお札は一緒に入れることになりますが、支払い時も問題なさそうだなーっと。

そして容量の絶妙さ。昨日の記事で最低限必要なのはパスポートとお財布とスマホとモバイルWi-Fiくらいなもんだと書きましたが、まさにその必要最低限をピッタリ収めることが出来そうなんです。本体部分はチャック付き、お財布部分もボタンで留められるようになってますが、しょっちゅう取り出すスマホは何もついていない背面ポケットに入れられたりとバッグ自体の工夫が満載。

更に実際に手にして思ったのがオシャレ&縫製がしっかりしてる!ってこと。大人向けの雑誌なので色味は派手過ぎず、でもコーディネートのちょっとしたワンポイントになるようなボールド×グレージュが素敵♡そして1000円越えなだけあってか縫い目はまっすぐキレイだし、裏地もついてるし、生地自体も滑らかな手触りだし、で決して1260円には見えません!!昨今の雑誌の付録って本当にすごい。

あ、ちなみにさっきからバッグ、バッグと連呼してますが正式にはポシェットです。そしてこのミニウォレット付きポシェットが付録のバージョンはセブンイレブンセブンネットショッピングでしか買えませんのでご注意を。本屋さんでは付録違いのバージョンが売ってます。

 

と今日もすでにポシェットひとつで1000文字を超えてますがまだ続きます。手荷物関係。といってもあと1つだけですが。

 

それはモバイルWi-Fiのこと。10月の初訪台ではkkdayというサイトから予約したモバイルWi-Fiを借りたんですが、これが結構重い&専用のポーチ入りなので嵩張る、でショルダーバッグの中でも結構場所を取ってたんですよね。あと借りに行って、説明を聞いて、使えるか確認して、という時間が惜しい。

だったら日本で借りていくというのも手なんですが、それだと時間の問題は解決できても嵩張る問題は解決できない。前述のポシェットにもあの専用ポーチ入りのモバイルWi-Fiはキツそうなんですよね。あと日本で借りると総じて高い。kkdayなどの現地で借りるための予約サイトと日本のレンタルモバイルWi-Fiのサイトを比較すると目玉飛び出しちゃう(  Д ) ゚ ゚

じゃあどうするか、ってことでこれを買いました。

そう、もう買ったんですよ。手元にあるんです、既に。次の訪台は3月だってのにバカでしょ?

でも言い訳をさせてもらうと実はもう一種類迷っていたSIMフリーモバイルルーターがあって、しかもそっちの方が安かったんですけど、楽天なら楽天ポイントがつくし使えるし、Huaweiってなんかややこしいことが未だに地味~に続いてて今後どうなるかわかんないし、私が迷っていたもう一種類のモバイルルーターとこのHuaweiモバイルルーターを比較検討したうえでHuaweiの方を推してるブログを読んじゃったりしちゃって我慢できなかったんです。ええ、そうです。結局、我慢できなかった、に帰結します。

しかしこれはあくまでルーター。これだけではネットは使えません。そこで必要なのがSIMカード。でもSIMカードについてはまだ迷っています。桃園国際空港に着いてから買うか、Amazon等で事前に買っておくか、はたまた関空で買うか…。

桃園国際空港やAmazonで買う場合、たくさんの会社から選べるんですが、選べるからこそどこのがいいのかわからない。Amazonのカスタマーレビューを見ていると同じSIMカードでも接続出来た人と出来なかった人とがいて、もしひとり旅で接続できずにWi-Fiが使えなかったら\(^o^)/オワタです。詰みです

かといって桃園国際空港で買うにはパスポートの提示やら動作確認やらがやっぱり必要で、それなら時間を惜しんでモバイルルーターを買った意味がないし。

関空は出国前に唯一、中華電信というところのSIMカードが買えるんですが5日間使い放題&50元分の通話料付きと必要ない日数+通話料の所為で1400円と微妙に高いのがネック。

 

という訳で目下の悩みはどこのSIMカードをどうやって手に入れるか、です。たぶん割り切って中華電信のを関空で買うと思いますが。でもまだ悩んでいたい。だって行くのは3月だから。時間はある。

ちなみにSIMフリースマホについても考えたんですが、今現在私が日本で使っているスマホSIM解除をすると手数料がかかるし、かといってもう一台買ってもどのみちSIMカードは必要だし、だったらモバイルルーターの方が場所を取らない&軽量だしってことでSIMフリースマホ案は早々に却下です。

前述のブログによるとオススメのSIMカードは中華電信か台灣之星というところのもののようなので、その2種類を念頭に置きつつSIMカード探しは続きます…

そしてまた何か3月の訪台に向けて動きがあれば記事にしようと思います。