喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【雑貨系お土産を買うならココ!】雲彩軒 大稻埕店

昨日で完全に台湾旅行関係の記事は終わったと思いました?いやいや、今日も続きます笑

昨日ちらっと書いた別記事にしますと書いた雑貨屋さんを激しく、長々と、そしてうざく、ご紹介しようと思います!

 

f:id:mojocosme:20191202165951j:plain

はいド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!

迪化街のメイン通りから一本路地に入ったところにある『雲彩軒 大稻埕店』です!

○○店とつくことから分かるように台北市内に全部で3店舗あって、私はこの大稻埕店と永康店に行ったんですが、永康店が悪いわけではないですが圧倒的に大稻埕店推しです!!ちなみに雲彩軒はオリジナルアイテムだけでなく多くのMIT(Made in Taiwan)ブランドのアイテムを取り扱っているセレクトショップでもあります。

まず店員さん?店長さん?のお姉さんが超かわいい♡日本語ペラペラで、日本語で質問したら日本語で答えてくれるくらい日本語OKなんですが、でもやっぱりどことなくぎこちなくて、それをかわいらしいthe女の子な声で話すから超かわいい。

そしてすごく親切!あとで載せますがここで自分用にピアスを買ったんです。田田製作所というMITブランド(なのか?ググったら大阪の作家さんみたいな情報も出てきた)のミニチュアダックスフンド(黒)のイヤリングがあって、木製で出来た小さなミニチュアダックスフンドのかわいさに一目惚れ!違うデザインのものはピアスとイヤリングがあるっぽいからミニチュアダックスフンドのピアスver.が欲しいな~と思って探すも商品棚には無い。そこでダメもとでお姉さんに聞いてみたら、商品を陳列している机の下から段ボールに入った大量の在庫を引っ張り出してきて丁寧に探してくれました!!ピアスなんて小さいものを、ですよ?!結局ピアスver.は無くて、でもイヤリングは耳たぶが痛くなるので、違うデザインのピアスにしましたが、その優しさが有難いなと思いました。他にも日本人客の細かすぎる質問にも一生懸命答えていて親切さが過ぎると思いました。この時点で「雑貨系のお土産はすべてここで買おう!」と決めました(`・ω・´)

 

 

f:id:mojocosme:20191202172350j:plain

そして実際に買ったのがこれら。1000元ちょいだったから4000円分くらい。

いちばん奥にちらっと写っている紙袋は雲彩軒オリジナルで、きちんとお土産を入れる用の小袋も必要な枚数を聞いてつけてくれました。口を留めるシールまで入っているというサービスのきめ細かさはもはや某夢の国並みかそれ以上!

 

まず下段左からドリンクホルダー、ピアス、ティーバッグのセットです。ドリンクホルダーは現在台湾ではドリンクスタンドでのビニール袋が廃止され、「ドリンクスタンドでドリンクを買ったはいいけど一気に飲むわけでもないし、持ち歩くのにちょっと不便だな~」という不満を解消してくれる便利アイテムです。今回の旅行では実際には使いませんでしたが(ホテル近くのドリンクスタンドにしか行ってないので)、筒状の布にドリンクをスポッと差すだけというシンプルな作りで、持ち手もついてます。今ふと思いましたが日本でも使えるんじゃないかな

ピアスは前述の通り。ミニチュアダックスフンドは無かったのでダブルハピネスと呼ばれている喜という漢字が2つ並んだものがデザインされたものにしました。落とすのが怖くてまだ外につけて行ったことはありません。時々眺めてはニヤニヤしてます笑

ティーバッグのセットは叔母へのお土産に。烏龍茶や東方美人茶などの4種類くらいのセットです。後からもっと買わなかったことをめっちゃ後悔しました。というのも今回の旅行でティーバッグ系のお土産を全然買えなかったんですよね。昨日も書きましたが小さなスーツケースで行った所為で早々にパンパンになったのと、スーパーで売ってるティーバッグって同じ種類が大量に入ったものばかりで。その点このセットなら嵩張らないし、割高にはなりますがいろいろ味見が出来たのになー

 

中段は左からマグネット、ステッカー、マカロンヌガーです。マグネットは台湾では一家に一台あるとかないとか言われている大同電気鍋という万能調理器がモチーフになったもの。これも自分用のつもりで買いましたが、母がかわいいかわいい言うので1つあげました。2つ入りで良かったε-(´∀`*)

その隣は台湾と書かれたステッカー。これは父に。無欲な父はどこに行ってもどんなイベントでも何をあげればいいかわからなくて困るんですが、唯一ご当地系のアイテムは好きなので。もっと台湾っぽい方が良かったかな?と思わなくもないですが、これが1番オシャレだと思ったのでこれにしました。気に入ってくれたかどうかは不明です。

そして右端は『小茶裁堂』というお店のマカロンヌガー。ヌガー自体は台湾土産の定番トップ5に入ってるんじゃなかろうかってくらいメジャーですが、それをマカロンで挟んでいるという斬新なお菓子。永康街に旗艦店があるらしいですが全然気づかずで雲彩軒で見つけてラッキーでした。お味見に1つ。確かオリジナルとイチゴ味のセットだったかな?帰国まで我慢できず、というか買ったその日の夜のうちに食べちゃったんですがカロンがサクッとしているのに対してヌガーは結構ねっちょりしていて食感の対比は面白いと思いました。味はめちゃくちゃ甘い。

 

最後上段は『雞鴨工作坊』というところで作られている牛軋雪花餅、訳してスノーヌガーというお菓子です。小茶裁堂の思いがけないヌガーのねっちょり感に最初は「失敗したorz」と思ってたんですが、日本に帰ってきて食べてみてびっくり!確かにヌガーだけど、それ以上にクッキーやナッツ等のサクサク感が上回って全然ねちょねちょしていない!!

そもそも牛軋雪花餅とはそういうものらしいんですが、買う時には普通のヌガーとの違いなんて分からなかったんですよ。ただパッケージがかわいいのと、味が鉄観音茶味や烏龍茶味など台湾っぽいなと思ったから買っただけなんです。そしたらこれが大当たり!!花生酥も癖になる禁断の美味しさだと書きましたが、これもまた虜になっちゃう美味しさなんです!!

まだ直営のお店はなく、牛軋雪花餅が買えるのは各雲彩軒と姉妹店の来好というお店だけらしいので人とは違ったお土産を買いたい方や普通のヌガーに飽きた方などは要チェックです。というかとりあえず美味しいから買ってみて欲しい。

 

 

f:id:mojocosme:20191202220926j:plain

そしてそして雲彩軒では1000元以上お買い物すると台湾土産として人気の高い、通称「漁師網バッグ」を無料でつけてくれます。たぶん本物の漁師網バッグではなく風だと思うんですが、独特な生地の硬さですごく丈夫そうなのに反してメッシュ素材でめちゃくちゃ軽い点など、気にはなっていたので思いがけず手に入って嬉しいです。台湾では主におばちゃんたちがエコバッグとして使っているらしいのですが、実際のところ折り畳めないので私はエコバッグとしては使えません。というか日本で使ってたら台湾好き感バリバリですね笑

 

 

以上、台北に来たら是非とも行って欲しいお店を熱く激しく鬱陶しく推してみました。如何でしたか?

何も買うものがない、雑貨に興味がないって方も一度でいいから行ってみて欲しいです。絶対何か欲しくなるはず。事実、私は1000元以上お買い物したにも関わらず「あれ買えばよかった」「これも買っとけばよかった」と後悔だらけです。このリベンジは3月に必ず…!!

さあいよいよ台湾旅行に関する記事も今日で終わり。明日からまた以前の超鈍足コスメレビューブログに戻ります!と言いたいところですが、あと1つか2つだけ台湾旅行に関する記事を書くつもりです。我ながらどんだけ~って感じですが、それだけ初めてのひとり海外旅行in台北が楽しかったってことなんですよ。なのでもう少し、お付き合いくださいませ。よろしくお願いします。