喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【自宅用多め】迪化街で買ったお土産あれこれ

ついに12月が始まってしまいましたねー

今年は個人的にいろいろあって、っていうか今もいろいろあるんですが、来年はもう少し心穏やかに過ごせたらいいな…

 

 

さて。『初めてのひとり海外旅行in台北旅行記も昨日で終わりました。

mojocosme.hatenablog.com

 

が、せっかくアクセス数が右肩上がりに伸び続けているここ最近。出来るだけ引っ張ろうってことで、今日は買ったお土産をご紹介です。

二日目に行った迪化街という漢方や乾物、布問屋などを扱うお店が集結し、美しいバロック建築の建物と下町っぽいがやがやとした雰囲気とが不思議とマッチしたお買い物エリアでお買い物したものたちです。迪化街にはお参りすれば恋が成就する、運命の相手が見つかるとか言われている月下老人を祀った霞海城隍廟もあります。私も行ってみようと思ってましたが、入り口で既にものすごい人人人だったので諦めて帰ってきました。来年も独身を貫きます。

 

 

f:id:mojocosme:20191130145452j:plain

まずは『家成行』というお店で最近人気らしいピリ辛メンマを。1袋50元と超リーズナブル。ずっしり400gも入っています。

硬い部分と穂先ばかりの柔らかい部分と選べるのですが、「硬くて嫌な人はいても柔らかくて文句を言う人はいないだろう」ってことで穂先タイプを2つ。当然1袋は自宅分です。

日本に戻ってきてすぐに食べてみましたが、ちょっと柔らか過ぎたかな。私は硬いタイプが好きなのかも?ピリ辛というからどれくらい辛いのか心配してましたが、口に入れてすぐに「辛っ」となるわけではなく、しばらく食べ続けているとヒーハーする感じの辛さです。ラー油っぽい辛さ。食べ続けると唇がピリピリじんじんするくらい辛いんですが、でもそれが癖になって次から次へと食べてしまいあっという間に無くなりました

似たようなメンマをあちこちのお店で売っているらしいですが火付け役は家成行のメンマですのでお間違いなく。というか台湾では流行った商品はすぐに別のメーカーからも出るので、元祖が欲しい派な私は必ず元祖を探して買いますが、違うメーカーの物はそれはそれで美味しいのかも。

 

 

f:id:mojocosme:20191130204842j:plain

お次は『懐結堂薬行有限公司』というお店で買った乳酪絲というスモークチーズです。この乳酪絲もあちこちのお店で買えるようですが、懐結堂薬行有限公司の物が1番美味しいとクチコミにあったので買いに行きました。Googleに載っている情報によると9時オープンのようですが、9時15分くらいに行ったらまだ絶賛準備中でした。

が、そこは優しい台湾人。ピッチピチのランニングシャツに短パンのおじさんがすぐに私に気づいて「チーズ?」と声をかけて持ってきてくれました。

パッと見イカっぽいですが名前から何となく察せる通り、燻製チーズです。燻製独特のスモーキーな香りと噛めば噛むほど出てくるチーズのコク深い味。おつまみにピッタリ!と言いつつ、2度目の購入は無いかなと思います。少なくとも自宅用には。何故か謎の甘みがあるんですよね。それがちょっと苦手。

 

 

f:id:mojocosme:20191201230037j:plain

続いては『紅海棠有限公司』というドライフルーツやベジタブルなど乾物類からお茶や石鹸まで扱っているらしいお店で買った花生酥。花生酥とはもともと台湾の離島・澎湖というところの名産品らしくて、台北で買えるのは私が買った『正義餅行』というところと『正一食品』というところのものの2種類らしいです。

ピーナッツバターを固めたお菓子なんですが、これが何とも言えないさくホロな食感とめちゃくちゃ甘いんですが、嫌な甘さじゃなくてついつい手が伸びてしまう禁断の美味しさなんです!!言うまでもなく1袋は自宅用ですが、「いっぱい入ってるし~」と食べる前に兄家族や弟にもお裾分けしたらみんな美味しいって言ってました。私はお裾分けしたことを後悔しました笑 これは次はもっといっぱい買ってこなくっちゃ。

そもそも一日目に訪れた永康街のとあるお店で買えるという情報しか持ってなくて、そのお店で売り切れで買えなかったから諦めてたらたまたま通りかかった紅海棠有限公司で見つけたんですよね。ラッキーでした。あとは你好我好という超有名な日本人の方がやっているセレクトショップと南門市場というところでも買えるみたいです。南門市場ではもう一種類のメーカー、正一食品のものも売ってるらしいのでいつか食べ比べてみたいです。

 

 

f:id:mojocosme:20191201231600j:plain

これは頼まれもの。『永楽布業商場』という基本は布屋さんがいっぱい入っている商業ビルなんですが、そのうちの何店舗かは布を使った小物も販売していて、これも1階にあった布屋さんで1個100元という超プチプラ価格でゲットできた客家花布のポーチです。あ、今更ですが空港で両替して1元=約3.6円でした。だからこのポーチは1個400円しないくらい!

客家花布って如何にも台湾って感じでかわいいですよねー。鮮やかな下地に大ぶりの花柄がレトロかわいい感じ。個人的には水色のやつとか大好きです。ポーチというよりは小物入れくらいの大きさで、母がちょっとしたお礼に配りたいからと頼まれて5個購入。さっき紹介した花生酥を幾つか入れてプレゼントしたみたいです。

ちなみに大きさや機能性、もっとデザイン性の良いものを求めるなら雑貨屋さんで買った方が良いです。簡易ラッピング(透明の袋に入れてちょこんとシールが貼られてたり)されているお店も多かったし、生地は同じものだと思いますが、例えば違う種類の布と組み合わせてあったり、チャックの処理がきちんとされていたりと各雑貨屋さんでこだわり・工夫がいっぱい。ただしお値段は倍以上になりますので、バラマキ土産なら今回みたいな量産タイプ、とっておきのお土産なら雑貨屋さんで、という風に使い分けるといいかもです。

 

 

f:id:mojocosme:20191202122257j:plain

更に続きまして、これも絶対ゲットしたい!と思っていた『Ki媽手工皂』というところのリップクリームとバームです。『大稲埕259紅豆湯』というメインは豆花や愛玉などのデザートなんですが、何故かKi媽手工皂の商品も扱っているというお店です。

迪化街の中でも結構端っこにあって、プラス小さなお店で、グーグルマップ片手に歩いてたんですが初めは気づかずに通り過ぎたほど。でも中に入ってみると日本語が少し話せるお店のおばさんが親切で一通り説明するとそれ以上は寄ってきたりせず、ゆっくり選ぶことが出来ました。

リップクリームは5種類、バームは3種類あったかな?すべて試用品が置いてあるので臭いを嗅いで好みのものを選びました。リップクリームは左2本がローズマリー、右2本がオレンジ&ラベンダーです。バームはなんだったかな?とりあえず完全に私の好みです。でも使用感の良さと香りの良さでお土産に差し上げた人たちみんなにすごく喜んでもらえました。天和鮮物というオーガニックスーパーでも買えるらしいので、3月はそっちに行って他のオーガニックコスメもチェックしてみたい。

 

 

f:id:mojocosme:20191202123912j:plain

最後は台湾といえば!なド定番お土産・パイナップルケーキです。迪化街にあるお店ではないんですが、とてもオススメのお店なのでついでに。『福田一鳳梨酥』というお店で、鳳梨酥というのがパイナップルケーキという意味なのでつまりパイナップルケーキ専門店ということです。結構パン屋さんが兼用でパイナップルケーキも売っているというケースが多い感じですが、福田一鳳梨酥のように専門店もあるにはあるんです。旅行情報誌に必ず載っているような有名店もあります。

じゃあなんで福田一鳳梨酥に行ったかというと、ここは店頭で焼いてパッキングしてとすべてお店で手作りしてるお店だから!!「ここのが台湾中で1番美味しい」なんてクチコミもあって「そんなにか!」と思ったのもきっかけです。

味はオリジナル、抹茶、チョコレート、クランベリーの4種類から選べるんですが、パイナップルケーキ初心者らしくオリジナルと味の想像がし易そうな抹茶の2種類を買ってみました。ちゃんと箱に入れて紙袋に入れてくれます。箱代は取られません。

私、普段はパイナップル食べられないんです。幼少期のトラウマの所為で臭いすらアウトな時があるくらい。だからパイナップルケーキも家族へのお土産のつもりで買ったんですが、一口食べた母が「美味しい!あんたも食べてみ!」何度も言うので、恐る恐る齧ってみると、なんと食べられました!!オリジナルを食べたんですが、周りの生地はサクサクでバターの香りが良く、中のパイナップル餡はパイナップルの味はするけどパイナップルの酸味はいい感じに軽減してて、生地の甘さとパイナップルの酸味がベストマッチ!!「なにこれ美味しい!」とすっかりPケーキに目覚めてしまいました。

ちなみにPケーキには昔ながらのパイナップルと冬瓜を混ぜた餡が入っているタイプとパイナップルオンリーで餡が作られているタイプとがあります。パイナップルオンリーの方を土鳳梨酥というらしく、福田一鳳梨酥のPケーキは土鳳梨酥です。でも食べられた。お店によって全然味が違うのはもちろん、スーパーで売られているPケーキもそこそこ美味しいらしいので3月の旅行では是非Pケーキ買い集め旅をしたいと思っています。食べ比べしたーい!!

 

 

以上、迪化街プラス他で買ったお土産のご紹介でした。お気づきかもしれませんが、客家花布ポーチ以外すべて自宅用にも買ってます笑 他にもスーパーで買ったお菓子類や別記事にしようと思っている超オススメの雑貨屋さんで買ったお土産などでスーツケースがパンパンになってしまい、他にも調味料やインスタントラーメンなど買いたいものはいっぱいあったんですが断念せざるを得ませんでした。機内持ち込みサイズのスーツケースで行ったことが恨めしい…。エバー航空はエコノミークラスでも30kgまで預け入れ出来るので、大きなスーツケースで行ってお土産をどっさり買ってくるのがオススメです。