喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【おもむろに回想してみる】初めてのひとり海外旅行in台北 序

初めてのひとり海外旅行に行ったのが約一か月前。本当に楽しかった。ほんっとーに楽しかったんです。

mojocosme.hatenablog.com

 

実は今年の1月にも家族と親族と香港に行ったんですが、たぶんブログでこれっぽちも触れてないと思うんです。何故なら家に帰ってきたときに「結果として“は”楽しかったなぁ」とは思ったけど、道中はそれほど楽しいと思えなかったから。英語が唯一話せる(と言ってもギリギリ日常会話レベル)のが私だからとすべてのアテンドをさせられ、初めて訪れた異国でグーグルマップ片手に道に迷えば責められ、予定変更は勝手にする癖にそれに付随する手続等は全部私に丸投げで、とにかく旅行中ずーっと「家に帰りたい」と切実に思ってました。

だから「ひとり旅もそうなるかな?家にすぐ帰りたくなるかな?」と不安でしたが、行ってみれば何のその!ひとり旅の自由なことよ!!歩きたければ歩けばいいし、道に迷っても怒る人はいないし、機嫌を窺う必要もなければ、言葉が通じずに多少間違いが起こったって思い出にしかならない。

そして今現在、絶賛ひとり旅ロスなんです。○○ロスって人生で初めて使ったな~ってくらいひとり旅を渇望してるんです。まだ行って一か月も経ってないのに。

そして私は欲望を抑えられない女。しかもシフト制の仕事なので休みの都合がつけやすい女。ええ、ええ。そうですよ。次のひとり旅の航空券を取ってやりました

行先は前回と同じ台湾、台北。まだまだ行きたいところがいっぱいあって、心残りもいっぱいあったので敢えて同じところにしてみました。

といっても3月なのでまだまだ先ですが。むしろその前に母が「2月くらいに台湾行きた~い」と言い出してどうにかして諦めてもらう方法を考えているところですが。

そんなわけで待ち遠しい、生きる糧といっても過言ではない3月のひとり旅に向けて、10月の初めてのひとり海外旅行in台北を振り返ってみようと思います。

 

f:id:mojocosme:20191117225614j:plain

航空会社はエバー航空でした。関西空港より出発です。

私的にLCCはNGなので、フルサービスキャリアで値段的にも時間的にも合致したのがエバー航空でした。実はそれともう一つ企みがあってエバー航空にしたんですが、それはまた後程。

 

機内の写真は撮ってませんがエコノミーは恐らく満席でした。各座席にモニターとUSBポートがついているのが良かったです。あと小さいクッション。これが腰にあてるのに丁度良くて、たった3時間程度のフライトではありましたが楽に座ってられました。

どの飛行機でも離陸前に非常時の注意説明があると思うんですが、それがモダンダンス?を取り入れた斬新な映像で思わず真剣に見入ってしまいました。台湾語の音声に台湾語と英語の字幕が一緒に流れた後、日本語の音声と字幕が流れるのも何気に嬉しかったです。CAさんにも何人か日本人の方が乗務されていて、台湾が親日っていうのは本当なんだな~としみじみ実感。香港に行ったときは香港人のCAさんしかいなくて英語でプチバトルもあったので笑

 

f:id:mojocosme:20191117230804j:plain

3時間程度のフライトですが機内食が出ます。これもフルサービスキャリアの良いところ。

メニューは一択で、この時は中華味っぽいチキンの乗った焼きビーフン?春雨の炒め物?と中華クラゲの和え物、フルーツの入ったチーズケーキとパンでした。

ビーフン?春雨?が若干焼きすぎなのか硬くてもそっとしてましたが食べれないという程でもなく、中華クラゲの和え物は文句なしに美味しいし、チーズケーキに至っては美味しすぎておかわりが欲しいくらいでした笑

あと写真を撮り忘れましたがドリンクメニューが予め座席前のポケットに入っているので、今回ドリンクをサーブしてくれたCAさんは日本人だったので問題なかったですが、もし日本語や英語が通じないってなっても指差しでオーダーできるのは親切だな~と思いました。

 

f:id:mojocosme:20191117231314j:plain

そして無事、予定時間時間通りに桃園国際空港に到着。

この不思議なウサギっぽい生き物は入国後に撮ったもの。独特な色使いとかっ開いた目が素敵。誰も写真を撮らず素通りしていくのが不思議でした笑

ちなみに入国審査ですが、めちゃくちゃ時間がかかる場合がある、混んでいる時は抜けるまで1時間以上かかるという事前情報を得ていたので覚悟していましたが、飛行機を降りて、入国審査を受けて、スーツケースをピックアップするまで40分くらいでした。

そのあと事前予約していたポケットWi-Fiを受け取ったり、両替をしたりしてホテル最寄りまで行くリムジンバスに乗るまでにかかった総時間は1時間ちょっとくらい。

スーツケースがなかなか流れてこなくてちょっと時間を食った感があるので、後は比較的スムーズに行動できたかなという感じです。

桃園国際空港内はとにかく大きくて、行き交う人も多くて、どこに何があるかさっぱりで一瞬怖気づいてしまいましたが、インフォメーションが真ん中にあるし、空港スタッフ?みたいな人がうろうろしているので一声かければ優しく教えてもらえると思います。というかどっちに行けばいいのかわからなくて立ち止まってたら声をかけてくれました。しかも日本語で!!

 

この後も台湾人の優しさにいっぱい触れることになるんですが、こういうところがひとり海外旅行デビューに台湾がオススメされてる所以かなと思いました。かくいう私ももしひとり海外旅行先を探している人が身近にいたら絶対台湾を推します!それくらいたった一度の旅行で、しかも台北のごく一部しか行ってないのに台湾という国が大好きになりました。その理由などなどはまた明日以降に続きます。