喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【サンプル使用】トランシーノ 薬用クリアクレンジング/薬用クリアウォッシュ

この2日間、落ちに落ちてました。急に来る。困ったもんです。幸い2日で浮上したので良しとします。

 

 

さて。前回の記事(こちら)に引き続き、サンプルしか使ってないにもかかわらず偉そうに語るよシリーズ第2弾、今回は前回と同じくMAQUIAの付録についてきたトランシーノ人気アイテム4種類から薬用クリアクレンジングと薬用クリアウォッシュをご紹介します。

 

f:id:mojocosme:20190618171016j:plain

左:トランシーノ 薬用クリアクレンジング 120g \1800

透明感のある明るい肌へと導く、薬用メイク落とし。肌をときほぐしながら、メイクや日焼け止めだけでなく酸化皮脂などの汚れを取り除き、くすみ(古い角質)までオフ。濃厚クリームがするすると肌の上でとろけ、オイルタッチに変化します。保湿クリーム成分約70%配合で、しっとりした洗い上がり。肌へのやさしさにもこだわった処方です。 

引用:@cosme

 

右:トランシーノ 薬用クリアウォッシュ 100g \1800

透明感のある明るい肌へと導く、薬用洗顔料。なめらかでクリーミーな、キメ細かい泡が肌に密着し、余分な角質や毛穴の黒ずみを除去します。保湿クリーム成分約50%配合で、しっとりした洗い上がり。次に使う化粧品がなじみやすい、透明感のある素肌へと導きます。肌へのやさしさにもこだわった処方です。 (医薬部外品

引用:@cosme

 

f:id:mojocosme:20190618171544j:plain

まずクレンジング。てっきりジェルタイプかな~と碌に説明も読まずに手に出してビックリ!クレンジングクリームでした。

私的にクリームタイプのクレンジングは冬にまったりしっとりメイクを落とす時に使うことが多いので、今の季節にクリームタイプはちょっと…とか思いつつ、手に出しちゃったものは仕方ない。っていうか説明を読まない私が悪い。

でも初手のガッカリ感とは裏腹に良くも悪くもクリームっぽくない軽さで、パウチ1つをいっぱいいっぱいに絞り出してもサクランボ大くらい。しかも馴染ませたそばからクリーム感がどんどんなくなっていく。@cosmeによると

クリームを乾いた手にとり、顔全体に広げたあと、ハンドプレスするなどして手の温かさをじっくりと伝えながらなじませてください。徐々にクリームがとろけ、オイルタッチに変化するのを実感いただけます。 

とのことなんですが、そんな手の暖かさをじっくり伝えて~とかする間もなくメイクと馴染んですぐにオイル化します。初めはパウチ1つ分の量だと少ないな~と思いましたが、これだけすぐオイル化するならくるくるする回数も少なくていいし、問題なかったです。メイクの落ちもバッチリ洗い上がりはしっとり、でもW洗顔の必要を感じないくらいさっぱりもしていました。

 

f:id:mojocosme:20190618172921j:plain

必要ないと言いつつ、洗顔料もセットになってたので同じ日に使いました笑

これも普段牛乳石鹸で顔、っていうか全身洗っている私からしたらお高い洗顔料なんですが、これも良かった!

一気にパウチ1つ分絞り出して泡立てネットで泡立てたんですが、それはもうもっこもこの濃密な泡・泡・泡!!泡に包まれるってこういうことねって誰もが納得するような超もこもこ濃密泡に包まれて至福の洗顔タイムでした。1つを2回に分けて使えばよかった(貧乏性)。

しかもそれだけ濃厚な泡なのに泡切れが良いというか洗い流しが楽ちん。洗顔料ってたまに洗い流してもなんとなくぬるっと感が残るものがあるじゃないですか。潤いって言われればそれまでだけど、なんとなく洗い流せてない感があって嫌い。なので普段は専ら夜の洗顔は石鹸派なんですが、これはシャワーでザっと流せばもうさっぱり!肌がツルっ!!

更に更にクレンジングとの相乗効果か、肌がパーッと明るくなってるように見える!ひとり全裸でお風呂場でプチ感動。その後のスキンケアの吸収も良く、大盤振る舞いでトランシーノのマスクも使ったので次の日の肌の状態は最高に良かったです。

 

クレンジングはクリームタイプにしてはちょっと軽めで物足りないかな~と思いつつ、でもオイル化の速さには惹かれるものがありました。洗顔料はもうそれはそれは最高の泡で、しかもツルっとしてキュッ、な洗い上がりでめちゃくちゃ好みでした。

たった一度で確かに肌色がパッと明るくなるような、俗にいうくすみ抜け?を体験できたのでこれを継続使用したらどうなるんだろうと気になりつつ怖くも思いつつ。私の財政状況では今のところ現品買いは出来ませんが、洗顔料はいつか欲しいな~と思いました。明日はマスクについて書きます。