喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

【サンプル使用】トランシーノ 薬用ホワイトニングCCクリーム

昨夜、ひっさしぶりにアイブロウティントを仕込んで寝たら、今日メイクが楽過ぎてちょっと感動しました。もともとの眉毛は長さも量もあるし形も一応眉頭~眉尻まであるものの、それでもやっぱり多少はアイブロウペンシルなり眉マスカラなりで整えないとなんですが、アイブロウティントしているとそこんところが一切不要!

私が使っているのはQoo10で買った韓国製の安いやつなので一週間もしない内に消えるし、3日目あたりから妙なテカリが出るんですが、来週末までは外に出るのは精々近所のスーパーと犬の散歩くらいな現状なので問題なし。むしろすっぴんより良し。なんでもっと早く存在を思い出さなかったのか。強いて難を言うなら剥がす前のイモト眉を家族に見られないようにする必要があるくらい。

 

 

と、初っ端からアイブロウティントについて300文字以上書きましたが、今日の本題はタイトルにある通りトランシーノのCCクリームのついでです。しかもサンプルパウチを2包使っただけなのに語っちゃいます。

 

f:id:mojocosme:20190524160821j:plain

きっかけはこれ。今月のMAQUIAについてきたトランシーノの人気アイテム4種類が試せるセット。付録目当てでMAQUIAを買いました~という記事(こちら)を書いた際に、メインはヴェルニカ.のポーチで、まるでこのトランシーノのセットはついでみたいに書いてしまったんですが、そんなことないよってことを言いたいので敢えてサンプルしか使用してないけど一点ずつ記事を書いてみようと思いました。決してブログのネタがないからとかじゃない。決して。

 

f:id:mojocosme:20190614220506j:plain

トランシーノ 薬用ホワイトニングCCクリーム

SPF50+・PA++++。

美白有効成分「トラネキサム酸」配合。美白しながら強力UVカットできるCCクリームです。1本で5役(美白、乳液、日焼け止め、化粧下地、色補正)を叶える多機能時短アイテム。肌のうるおいを守りながら、透明美肌に導きます。しっとりしていてのびがよく、ひと塗りで肌の凸凹を自然にカバーし、素肌感を残しながら明るい肌へと整えます。

引用:@cosme

 

そもそもCCクリームとは何ぞやってところから書きたい気もしますがそうするとまた無駄に長い記事になるので、とりあえず私のCCクリーム遍歴について少しだけ。

まずCCクリームなるものを知ったのは韓国コスメを通販した時についてきたサンプルでした。確かTony Molyのだったかな?ちょうどBBクリームの認知度が日本でもだいぶ高まってきた時期に、BBクリームの先駆け韓国ではCCに進んだのか!とビックリした記憶があります。BBクリームの上位互換なんだろうか?的な。それでその時にサンプルを使った感想は覚えてませんが、とりあえずそれ以降BBクリームを買うことはあれどCCクリームを買ったことはなかったので、まぁあまり気に入らなかったんでしょう。

そして現在はビューティーモールのフラーレンCCクリームのみ所持しています。これもかの有名なダブルフラーレン下地を初めて買った時についでに買ったもので、だから全然使ってなかったんですが、今年の初め~春くらいまでフラーレンCCを塗らない日は無いというか、それしか塗れないというか、どうにか出来る最低限のメイクがCCクリームだけだったというような日々を送っていたので、今では大変有難い存在です。詳しいことは後日書こう。うん。そういえば昨年の私的ベストコスメの記事(こちら)で生意気にもCCクリームも悪くないみたいなこと書いてました。この場を借りてお詫びします。

と脱線してまた長くなってしまいましたが、要するにほとんどCCクリームは使ったことがないということです。だからこのトランシーノのCCクリームも他と比べてどうとかこうとかは書けない。そしてパウチ2包を3日間使っただけなので現品を使っている方とは違った感想になるかもしれない。それでも良ければ続きをどうぞ。

 

f:id:mojocosme:20190614220645j:plain

色は一色のみ。ちょっとピンクっぽいかなとも思いましたが、実際肌に伸ばしてみるとめちゃくちゃ伸びが良くて、故に凄く薄づきなので肌の色はあまり関係ないかも。

当然薄づきなのでカバー力は高くはないです。ニキビ跡やシミ・クマは普通にある(ちなみに指で塗った場合)。でもくすみや赤みなんかは消えて肌色が均一に見えるし、毛穴もまぁまぁ隠れるのでちょっとそこまでな日のメイクにピッタリだと思います。使用感は乾燥は感じないけど、汗や皮脂と混じってすぐドロドロになるってこともなく、フェイスパウダーを重ねておけば一日だって大丈夫。

それになんといってもSPF50+・PA++++と日焼け止め効果が最強なので焼ける心配がないのがイイ。結構うっかり日焼けとでも言うんでしょうか、休みの日にすっぴんで過ごしていて、それが夏の間中積み重なって秋には薄黒ーくなんて経験が一度や二度ではない私には指でペペっと塗れて肌もそこそこきれいに見えて、日焼けする心配なしというはとてもありがたいなと思いました。継続的に使用すれば美白効果も期待できるでしょうし。

おもむろに冒頭の話に戻りますが、それこそアイブロウティントしてればこれだけ塗って外出可能レベルです。時短も時短。3分くらいでメイク終了。

 

が、個人的にう~ん…と思ったのがウォータープルーフ処方だということ。それってつまりクレンジングが必要ってことだと思うんです。

少し前、どんなに石鹸で落とせると謳っていても必ずクレンジングはしますとなめらか本舗のクレンジングミルクをご紹介した時(こちら)に書きましたが、まぁでも石鹸で落とせるならってんで結構いい加減にクレンジングしたりもするわけです。究極面倒くさかったら洗顔フォームで洗うだけな時もあるし。ってことは“必ず”っていうのは嘘なんですが。

つまりは何が言いたいかというと予め石鹸だけで落とせるってわかってて敢えてクレンジングするのと、絶対クレンジングしないといけないと思いながらちょっとそこまで、何なら家からほとんど出ない日にメイクに使うのとは違うよね~ってことです。前者は夜のテンション次第では洗面所で顔だけ洗って寝れるけど、後者は絶対クレンジングしなければ=最低限シャワーは浴びねば(クレンジングはお風呂場でしたい派なので)、となるのです。あくまで私の場合は、ですが。

なのでクレンジングが必要なら別にCCクリームじゃなくて普通のファンデーションやBBクリームでよくね?と思った次第です。これが結論。ここまで書くのに2500文字オーバー。今日も長い。あと30gで2600円っていうのも微妙に高くない?