喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

両親に申し訳ないと思った話とおまけ

先におまけです。この間ふらっと寄ったロフトでいろいろ買っちゃいました~って書いたと思うんですが、それがこれらです。ちなみに写真はinstaにうpしたものをそのまま再利用。

 

f:id:mojocosme:20190606150826j:plain

ももぷり 潤いぷるジュレマスク クール 4枚 \756

以前モニターさせていただいて以来、すっかりお気に入りどころか暫定№1シートマスクの潤いぷるジュレマスク(該当記事はこちら)の今だけ限定のクールタイプです。既に1箱買ったことがあって、香りやしっとり感はそのままで顔がひや~っとしてくるのがお風呂上がりの火照った顔に最高に気持ち良かったのでリピート!4枚756円と普段の私のデイリーユースマスクからしたらお高いんですが、これはもう2箱くらいストックしておきたいと思ってます。

 

レブロン キス シュガースクラブ \740+tax

毎年限定発売されてはSNSなどで話題になるこちら。いつか使ってみたいと思いつつ、欲しいと思ったころには買えなくて~を繰り返してようやくゲットした私的伝説のコスメ。その名の通りリップ用シュガースクラブなんですが、洗い流す必要がなく、片手で手を汚すことなく使えるのが良き。これも早く使い始めて良かったらリピ&ストック買いせねばと思ってましたが、今年から定番化したとか。とりあえず昨日使ってみましたが、結構しっとり潤って良かったです。

 

オペラ リップティントN \1500+tax

評判の良さは知りつつも手を出したことはなかったオペラ!最近リニューアルしたらしくロフトのコスメ売り場の正面にドーンと展開されていたのでふらふら~っと引き寄せられるように近づいて行って、いろんな色を腕に試し塗りしたりしているうちに「欲しい」スイッチが入っちゃって、どうせならってことで限定色の101 ルーセントピンクを。シアーなピンクにラメがザクザクキラキラしていて超かわいい♡もう一色の限定色、102 シマリングベージュの方が自分の唇の色や顔色には合ってそうでしたがピンクのかわいさに抗えませんでした笑

 

 

さて。ここから急激にテンション下がります。一応文字色を変えましたが果てしなく暗い鬱陶しい話なので、コスメの話だけで十分って方はここでそっ閉じして下さい。

 

昨夜は両親とライブ的なイベントに行ってきました。普段は大きい音もチカチカする光も苦手なので自分から積極的に行こうとは思いませんが、両親、特に母がいないと引きこもりまっしぐらな私なので誘われて有難く出掛けてきました。おニューのスカートにおニューのサンダル、メイクはいつもよりしっかり、と私なりに楽しみにしていたわけです。

イベント自体は良かったです。笑いあり、感動ありで良かった。でも良くなかった。私たちの真後ろの人たちが俗にいう陽キャというかもはやパリピで鑑賞中、ずーっと大声を出して大きな音で手を叩いている。時には指笛?まで。楽しみ方は人それぞれです。きっとそのと人たちもすごく楽しかったんでしょう。でも私は耐えられなくなった。うるさすぎて。でもきっとマジョリティーなのは私で、イベント的にはその人たちのリアクションが正解で。だけど私にはその人たちの声が音が耳障りで、イベントを楽しむどころではなかった。ただひたらすら心を無にして、拍手もせず、微動だにせず、両サイドから心配そうにしている両親に何か言うことも出来ず、ひたすら時間が過ぎてイベントが終わるまで耐えていた。当然、帰路の空気は最悪で優しい両親はイベントのことを一言も口にせず、でもあれやこれや不自然にならないように話しかけてくれました。こういう空気を作り出しているのは他ならない自分なんだと思うと本当に申し訳ないと思った。イベントだってタダじゃない。きっと両親だって楽しみにしていた。でも私の所為でこうなった。最悪。明日、朝、目が覚めなければいいのに。心臓が止まっていればいいのに。そう思って昨夜は寝ました。まぁ普通に目が覚めたし、今もこうしてパソコンに向かっているんですがね。

後ろの人たちに少しだけ声を控えてくださいって言えればよかった?でもさっきも書いた通りおかしいのは私の方です。その人たちにしてみればなんでおかしいやつに配慮しなくちゃいけないんだって話ですよ。わかってます。もう二度とああいうイベントには行かないと誓ったのでご心配なく。おかしいのはいつだって私。

 

f:id:mojocosme:20190606152800j:plain

イベント前に食べた夕飯。〆のデザートのモンブラン。めっちゃ美味しかった。人生ナンバーワンモンブランかも。栗の味がめちゃくちゃ濃厚で、ボトムの生地(クレーム・ダマンドを焼いたもの?)もアーモンドの香りがふわ~っと鼻に抜けてただひたすらに美味しかった。この時は間違いなく幸せでした。