喪女にコスメ

喪女だけどブスだけどコスメが好きです。

負けない目元は私がつくる。ニイカ アイホールリペアクリーム

有言不実行にも程がある…。昨日、今日と連休だったのにパソコンに向かう気力がない…。何故なのかorz

 

唐突ですが、アイクリームって使ってますか?お恥ずかしながら私は、何かの折に「そろそろ目もとのケアもしなくちゃ」と思う→アイクリームを入手→1か月くらいは真面目にケア→いまいち効果を感じられず、次第に忘れがちに→完全放置or母へ横流し、というのが定番の流れでした。まだ20代だし…とか、シミ・シワやハリのなさが気になるわけではないし…と理由をつけてサボっていたんですよね。

でもここ2か月くらい使っているアイクリームが自分の中で赤丸急上昇中で、今更ながら目元ケアの必要性にも目覚めたので今日はそのあたりを書いていこうと思います。

 

f:id:mojocosme:20181016200337j:plain

イカ アイホールリペアクリーム 16g \1599

4種類の成分が3つの悩みアプローチ

アイプチやつけまつげなどで、荒れてきた目元にうるおいを届け、ハリやつやを与えアイメイクが映える肌へと導きます。

また、ソフトフォーカスパウダーによってくすみをカバーして、アイシャドウも映えます。

引用:付属リーフレット

 

商品説明で書いた通り、“普段のメイクでダメージを受けている目元をケアする”というコンセプトに惹かれました。アイクリームで多く謳われている効果ってハリをアップして、皴を目立たなくして、みたいなアンチエイジング効果が多いじゃないですか。

それだと前述の通り、今の自分にはまだ必要ないかな?と思ってしまうんですが、たまーにアイプチ使うし、気まぐれにつけまつげつけたりするし。「あ!私の目元はダメージを受けているのか」と具体的に書かれている例のおかげで気が付けた面もあるのです。

 

f:id:mojocosme:20181021175950j:plain

アイクリーム自体はこんな感じ。白いクリームで伸びが良く、写真の量でちょうど両目分くらい。

これを夜は必ず、朝は余裕があるときだけ、上瞼と下瞼に塗布していきます。ネットだったか雑誌だったか何かでアイクリームを塗るときは、指の腹でトントンと優しく馴染ませていくのが良いと読んだのでそういう風に塗ってます。一度にたくさんの量をつけるより、少量ずつ重ねた方がしっとりする&馴染みが早いです。

 

初めのころはやっぱりあまり効果を感じられなくて、塗ってる意味あるのかな?と思っていたんですが、アイメイク中にふと「あれ?なんか瞼がすべすべしてる」と思うときがあって、そこから頑張って使い続けていたらアイシャドウのノリが良くなったのはもちろん、クマだと思っていた下瞼の影が若干薄くなってきて(どうやらクマ+くすみもあった様)、おぉ!これはあのアイクリームのおかげか?!となりました。

それ以来塗り続けてますが(時々忘れるけど)、なんとなーく瞼自体がすっきりしてきたような気がします。私はかぶさり系の瞼重い一重+うつ伏せで寝るので瞼のむくみに悩んでいましたが、アイクリームを塗るついでにマッサージにもなっていたようで、朝起きた時に瞼パンパン!視界が若干狭まってる!ってことが無くなりました。

 

こうなると俄然興味がわいてくるアイクリーム及び目元ケア。さっそく色々調べて「あれ買ってみようかな?」「これ買ってみようかな?」と考える時間が何より楽しいです。